未分類

弱った勃起力はコレで改善!中年でも勃起力を改善できる方法

「昔に比べて勃起力が落ちている気がする」
「セックスのときに中折れしてショックだった」

そのような勃起力の衰えを感じていることはないでしょうか?
たしかに加齢による体力低下と同様に、勃起力も落ちることはあります。

「もう自分は中年だから勃起力をアップさせるのはムリだろうな」

そう思っていたら、心配しなくて大丈夫!
勃起力は中年になっても、改善することはできますよ。
ただ、今はその方法を知らないだけなんです。

そこで、この記事では勃起力を改善する方法を詳しく紹介していきます。

気になる!勃起力が落ちる原因は?

そもそも、勃起力が落ちる原因は、どのようなものがあるのか?
おもに以下のような原因があります。

筋力低下によるもの

ペニスの根っこを支えて力強い勃起を維持するには、括約筋などのPC筋(骨盤底筋)がとても重要です。

PC筋の筋力が落ちると、ペニスの根っこを支えることができません。
また、射精のコントロールができず早漏の原因にも。

つまり、ペニスを支えるPC筋を鍛えれば、勃起力だけでなく早漏を改善することが可能です。

病気や精神的なストレスによるもの

勃起をするためには、新鮮な血液と血管が必要不可欠。
反対に血液がドロドロで血流が悪い、血管にダメージがあると、ペニスや勃起力に悪影響が出ます。
とくに糖尿病など、心血管系の病気は要注意ですよ。
これは、ED(勃起不全)の中で、器質性EDに該当します。

また、勃起は性的な興奮が必要不可欠。
うつ病をはじめ、精神的なストレスを抱えると、性的な興奮を引き起こすホルモンの分泌ができません。
これは心因性EDに該当します。

つまり、病気やストレスを抱えていたら、まずは原因を取り除くことが最優先です。

勃起力を改善しないことのデメリットは?

勃起をするということは、男として元気である証拠。
やはり、いつまでも元気なペニスを手に入れたいですよね。

では、勃起力を改善させず放置したままだと、どんなデメリットがあるのか?
おもに以下のデメリットがあります。

セックスに自信が持てなくなる

やはり男として生きる以上、セックスをして女性をリードしたいですよね。

しかし、ペニスが勃起しなかったらどうなるでしょうか?
セックスで女性を満足させることができず、男としてもショックを受けることに。
これが引き金となって、精神的な原因で勃起力が落ちる、心因性EDを引き起こすことがあります。

セックスに自信が持てなくなれば、女性との良好な関係が途切れてしまいます。

病気を悪化させる

勃起力の衰えを、単なる加齢だけで片付けてしまうのは非常に危険!
実は病気が引き金になっていることも。

一例として糖尿病などの生活習慣病があります。
生活習慣病の怖いところは、痛みや自覚症状がないこと。
糖尿病から来るED(勃起不全)になるリスクは、そうでない人と比べて2〜3倍のリスクがあります。

病気を放置して悪化した結果、傷ついたペニスは、勃起力を復活させるのが困難になります。

ED治療薬で勃起力を改善するメリット・デメリット

代表的なED治療薬として、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。
そこでED治療薬で勃起力を改善する場合、下記の点を事前に把握しておきましょう。

ED治療薬のメリット

最大のメリットは即効性です。
ED治療薬の種類や体質にもよりますが、服用後1時間前後から効果が出ます。
持続時間は5~6時間から、中には24時間前後のものまで。

また、日本で認可されたED治療薬もあるため、安心して使えます。

ED治療薬のデメリット

最大のデメリットは費用や手間がかかることです。
日本国内では、病院でないと処方されず、通販では手に入りません。
また、自由診療のため、保険適用を受けられず費用が高いのもデメリット。

他には薬の効果が効いている間のみ、勃起力が改善しません。
つまり、体質を改善させて、本来の勃起力が回復したわけではないんですね。
また、持病や体質により服用できず、さらに副作用のリスクもあります。

ED治療薬を使っての勃起力改善はどうなの?

結論から書きますと、おすすめできません。
理由は費用や手間がかかる、副作用のリスクがあります。

また、ED治療薬は一種のドーピングのようなもの。
薬が切れてしまえば、すぐに元通りに。

これらの点を考慮して、ED治療薬に頼るのは最後の最後にしましょう。
まずは、体質改善などによって、本来持っている勃起力を回復させるのがおすすめですね。

勃起力を日常生活で改善する方法

「ED治療薬に頼らず、本来の勃起力を回復させたい」

そのように考えていましたら、日常生活を見直して改善するのがおすすめ。
まずは以下の内容を確認し、できるところから習慣化してくださいね。

睡眠で疲労回復する

多忙な仕事やストレスで体が疲れていませんか?
まずは、しっかり睡眠を取ることが重要です。

睡眠時間が7時間を下回るようでしたら、睡眠不足の可能性大。
できれば7〜8時間は寝て、疲労回復とストレス軽減を行いましょう。

運動やスクワットで筋力をアップする

運動により体の機能が回復し、病気の予防や改善にも繋がります。
とくに慢性的な運動不足である、健康診断で引っかかっている場合、運動は必要不可欠。

まずは簡単にできる、ウォーキングや自転車など、短い時間から行っていきましょう。
また、スクワットで下半身の筋力を強化することで、ペニス周辺のPC筋もアップ。
勃起力の改善はもちろん、射精のコントロールもできて、早漏改善にもなりますよ。

食事で良質な栄養をとる

おすすめの食事の種類は、日本人の舌にあったヘルシーな和食ですね。

魚や卵などの動物性タンパク質、豆腐の植物性タンパク質は、筋肉を作るのに必要不可欠。
また、魚介類に多く含まれる亜鉛は、セックスミネラルと呼ばれ、性機能アップには欠かせません。

他には糖分が多い、脂っこい食事も控えて、良質な栄養を取るようにしましょう。

勃起力の改善と大きなペニスを一挙に手に入れる方法

「本来持っている勃起力を回復させ、しかも大きなペニスを手に入れたい」
「おまけにリスクなく手軽にできるものがほしい」

その2つを叶えたいなら、増大サプリがおすすめです。
おすすめする理由は、以下の2つがあります。

勃起力や増大に必要な成分を効率よくとれる

とくに勃起力の改善や増大に効果が期待できる有効成分は、以下の2つがあります。

  • シトルリン
  • アルギニン

この2つの有効成分が、ペニスの血行を促進させ、勃起力だけでなく増大もできるんですね。

ED治療薬には、この増大効果はありません。
しかも薬ではないので副作用のリスクもなし。

おまけに、飲み続けることで、本来持っている勃起力も徐々に改善していきますよ。

忙しくても習慣化できるから

どんなに素晴らしい方法でも、習慣化できなかったら意味がないですよね。
とくに運動や食事による生活改善は、わかっていても難しいのが実情ではないでしょうか?
でも、増大サプリなら、そのような心配は一切不要です。

なぜなら増大サプリは、1日数錠飲むだけのお手軽さ。
時間にして1分程度なので、どんなに忙しくても続けられるのがいいですね。

勃起力の改善はメリットがたくさん!

勃起力の改善について、解説しました。

勃起力のダウンは、男としての魅力がないなどデメリットばかり。
とくにセックスのときに、女性をイカせられないのは、男としての自信喪失に繋がります。

そこで、今回紹介した方法を行うことで、本来持っている勃起力を回復できます。
もちろん、勃起力が落ちた中年おじさんでも大丈夫!

まずは、今回紹介した方法を参考にして、勃起力の改善とペニス増大の2つを手に入れましょう。